不動産投資って何から始めるべきなの?やるべきことを順番に解説!

「不動産投資には興味があるけど、何から始めればいいか全然わからない。」と悩む方は多いかもしれません。不動産投資は多くの方にとって身近なものではないことから、興味があっても何をしたらよいか分からず、不安を抱いている方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は不動産投資の始め方が気になっている方向けに、手順を分かりやすく解説します。また、不動産投資の始め方のコツもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

そもそも不動産投資とは

不動産投資の始め方を考える前に、不動産投資とはどのようなものか確認しておきましょう。不動産投資とは、物件や土地などの不動産を購入して、それを貸し出すことで賃料収入を得たり、価値が上がったときに売却したりすることで利益を出そうとする投資手法を指します。投資対象の不動産はワンルームからマンション一棟までさまざまな形態があり、国内外を問わずあらゆる地域にあります。

2019年6月にノムコム・プロが行なった「不動産投資に関する意識調査」によると、この先1年間で投資先として、約60%の方が国内不動産を選んでいます。それだけ不動産投資は今、注目を浴びている投資手段なのです。なお、同調査によれば株式(日本株・外国株)は50%未満、投資信託は約25%と国内不動産を下回っており、不動産投資が他の投資商品と比べても人気があることが分かります。

不動産投資の収益源は以下の2つです。
・家賃収入(インカムゲイン)
・売却益(キャピタルゲイン)

不動産投資はインカムゲイン(家賃収入)とキャピタルゲイン(売却益)の両方を狙えるのがメリットです。

不動産投資はどんな人に向いている?

不動産投資は、長期的な視点で計画を立てて物事に臨める方が向いています。なぜなら不動産投資の計画を立てるときは、先々のキャッシュ・フローまで見通しておくことが重要だからです。

メインの収益源となる入居者からの家賃収入は、一時的に増えたりすることはありません。基本的に毎月同じ額を長期に渡って受け取る仕組みです。利回りや資産の状況を長い目で考えられることが、不動産投資の成功率を向上させます。

一方、短期的な視点の方は目先の利益ばかりを追うあまりリスクを取り過ぎてしまい、損失を出しやすい傾向にあります。そのような方は不動産投資に向いているとはあまり言えません。

本やセミナーで基礎を勉強

不動産投資を始めるときは、本やセミナーで勉強しながら自分の力で基礎を固めることが重要です。不動産投資をしていると、不動産業者から質の悪い物件を勧められる可能性も大いにあり得ます。何も知識がないと、業者の言葉を鵜吞みにして購入してしまうことがあるため、自分で可能な限り基礎知識を身に付けましょう。

本やセミナーで勉強すれば、不動産投資の経験者の知識や体験談を知ることもできます。それらも不動産投資を行なう上で、非常に貴重な判断材料となります。

自己資金と許容できるリスクを把握する

不動産投資を始める際は、使える自己資金とリスクの許容範囲を把握しておきましょう。初心者にありがちなパターンは、根拠のない自信から許容可能な度合いを超えたリスクを取ってしまい、大きな損失を出してしまうことです。充分な自己資金を用意した上で、どのくらいまでなら資金が減っても問題ないかを明確にしておきましょう。

また、投資に使う資金は、“最悪、失っても困らないお金”を使うべきです。損失を事前に想定することで運用中の精神が安定し、投資の成功へ近づきます。

少額資金で運用できる物件を探す

基礎知識を得て自身のリスクの許容度を把握したら、実際に不動産を購入して運用していきましょう。ここで重要なのが、最初は少ない資金で投資できる物件からスタートすることです。どれだけ知識を詰め込んでも、本格的な投資では初心者にとって想定外のことも起きるでしょう。その際の損失が大きくならないように、少ない資金から始めるべきです。

少ない額で不動産投資を続ければ、経験から多くのことを学べます。課題をその都度解決しながら、少しずつ不動産の規模を拡大していきましょう。

番外編:良い指導者を見つける

不動産投資でより早く成功を手にするためには、良き指導者を見つけることも大切です。もし周りに既に不動産投資を行なっている方がいれば、詳しく話を聞いてみましょう。経験者の成功・失敗談や考え方を聞くことは、初心者にとって貴重な学習の機会になります。

また、先輩投資家に疑問を相談すれば、アドバイスがもらえる可能性もあります。自分の力だけで不動産投資を成功させようと思わず、さまざまな投資家と関わりながら進めていきましょう。自身にとってより有利な情報も手に入るはずです。

手順を踏んで不動産投資を始めよう

不動産投資は以下の手順で始めることをオススメします。

1.本やセミナーで基礎を勉強する。
2.自己資金と許容できるリスクを把握する。
3.少額資金で運用できる物件を探す。

知識のインプットと実践(アウトプット)によって、良質な学びを得ながら不動産投資を始められます。さらに自分にとって良い指導者を見つけられれば、不動産投資を有利に進めることも可能です。本記事の内容を参考にしながら不動産投資を成功させて、豊かな未来を築きましょう。

おすすめの記事