不動産投資に資格は必要?持っておいて損はないオススメの資格!

「不動産投資には何か資格は必要なのだろうか。必須ではなくても、資格を持っておくべきなのだろうか。」と、疑問に思ったことがある方は多いかもしれません。不動産投資は専門知識が求められるイメージがありますが、実際のところ資格は必要なのでしょうか。

そこで今回は、不動産投資における資格の有用性を解説した上で、オススメの資格をご紹介します。

不動産投資に資格は必要?

不動産投資を成功させるためには、税金や法律、資金計画の策定方法など多くの専門知識が必要です。実を言うと、不動産投資を始めるだけなら資格は必要ありません。また、知識だけなら書籍やセミナーなどから独学で身に付けることも可能です。しかしながら、資格取得の過程で得た知識があれば、不動産投資を有利に進めることができます。

ただし、資格を持っていれば不動産投資が成功するわけではない、という点に注意してください。成功のためには、自身の持つ知識を活かしながら試行錯誤を繰り返していくことが大切です。

不動産投資を行なうにあたって持っておくと役立つ資格とは?

では、どのような資格が不動産投資に役立つのでしょうか。持っておくとメリットがあるおすすめの資格は、以下の4つです。

・宅地建物取引士(宅建士)
・ファイナンシャルプランナー(FP)
・簿記
・管理業務主任者

宅地建物取引士(宅建士)

宅地建物取引士(宅建士)とは、不動産取引の専門家であることを証明する国家資格です。不動産会社の各事務所で5人に1人の割合で宅建士の所有者が在籍していることが義務付けられているほど、重要度の高い資格でもあります。

宅建士資格の取得のためには、民法や宅建業法などの法律面を中心に、税金関連の分野も学習します。宅建士資格を勉強すれば、不動産の実務的な知識を多く得られるでしょう。また、法律面での理解を深めれば、さまざまなトラブルに巻き込まれるリスクも軽減できます。

宅地建物取引士(宅建士)についてさらに詳しく知りたい方は、コチラをご覧ください。

ファイナンシャルプランナー(FP)

ファイナンシャルプランナー(FP)は、相談者の家計のプランニングや資金計画の立案(ファイナンシャル・プランニング)と、それらの実現を手伝うスペシャリストを指します。相談業務には「お金」に関する幅広い知識が求められるため、FPは専門度が高い国家資格です。これまでは金融・保険業界の必須資格として有名でしたが、最近では主婦や学生など一般の人にも人気が出ています。

FPの取得にあたっては、年金・保険・資産運用・税金・ローン・相続などお金が関わるさまざまな知識を学べます。相続や税金などの知識を活用しながら、不動産投資の具体的な計画を立てられるようになるでしょう。また、FPがカバーする専門知識は生活に役立つ内容も多く、取得しておいて損はありません。

ファイナンシャルプランナー(FP)についてさらに詳しく知りたい方は、コチラをご覧ください。

簿記

簿記とは、お金の流れを管理するために正しく記帳する技術のことです。簿記の資格は「級」でクラス分けされ、級に応じて経理・会計や経営状態などの理解力が証明できます。社会人や学生など幅広い層に人気の資格です。

簿記では、損益計算書や貸借対照表、複式簿記などについて学習します。簿記を学べば、不動産に限らず投資全般の収支計算ができるようになるでしょう。また、税金が優遇される青色申告を選ぶときにも簿記の知識が役に立ちます。

簿記についてさらに詳しく知りたい方は、コチラをご覧ください。

管理業務主任者

管理業務主任者資格は、マンションの管理者が管理組合に対して、管理委託契約に関する重要事項を説明したり、管理事務報告を行なったりするときに必要な国家資格です。

管理業務主任者資格を取得していれば、マンションの管理委託に関するトラブルを回避しやすくなるでしょう。また、不動産を自分で管理する場合も、管理業務主任者の知識を活用できます。

管理業務主任者についてさらに詳しく知りたい方は、コチラをご覧ください。

資格を取って不動産投資に活かそう

今回は不動産投資における資格の有用性と、オススメの資格について解説しました。資格は不動産投資を始める際に必ずしもなくてはならないものではありませんが、資格を取得するために学習したことは不動産投資に活かせます。特におすすめの資格は、以下の4つです。

・宅地建物取引士(宅建士)・・・不動産関連の法律を理解し、トラブル回避ができる。
・ファイナンシャルプランナー(FP)・・・相続や税金対策、長期的な資金計画がアドバイスできる。
・簿記・・・不動産投資によって発生する収支の管理ができるようになる。青色申告で節税しやすくなる。
・管理業務主任者・・・管理委託に関するトラブルを減らせる。物件の自主管理ができるようになる。

これらの中から興味がある分野があれば、積極的に資格の取得を目指してみましょう。

おすすめの記事