不動産投資で資産運用って実際どうなの?メリットやリスクを解説!

「不動産投資ってどんなものだろう。」資産運用の重要性が叫ばれる昨今では、不動産投資もまた有効な手段の一つです。
しかし、不動産投資と聞くと動く金額が大きいため不安になったり、そもそも仕組みがよく分からず行動に移しづらかったりしませんか?
そこで今回は不動産投資に興味がある方向けにその概要とメリットやリスクについて解説していきます。最後には、不動産投資を成功させるための勉強方法も説明しているので、ぜひご覧ください。

この記事を通して、不動産投資を自分の資産運用の一環として活用できるようになりましょう。

不動産投資とは

不動産投資とは、不動産(建物や土地など)に投資して利益を出そうとする投資手法です。ワンルーム投資やアパートの一棟買いなど投資対象の不動産にも様々な種類があります。中古や新築でも価格が異なり、形態によって必要資金が大きく異なることが特徴です。

儲かる仕組み

不動産投資では主に以下の2つから利益を得ることができます。

・家賃収入
・売却益

不動産を購入して入居者がつくと、そこから家賃収入を毎月得ることができます。ただし、支払われた家賃が全て自分の手元に残るわけではありません。管理業者への管理費やローンの返済などを引いた金額が手元に残ります。もちろん、管理を自分で行ない、ローンの返済も終了しているのであれば家賃はすべて自分のものです。

不動産の価格は経済の状態やエリアなど様々な要因に左右されて異なり、また状況によっても変化していきます。なので、価格が購入時より高くなっていることもあるでしょう。その時に不動産を売却すれば購入時との差額で売却益を得ることができます。

不動産投資のメリット

不動産投資には主に以下の4つの大きなメリットがあります。

・節税対策にもなる
・安定した収入が得られる
・老後の年金として使える
・ローンを組んで、自己資金以上の投資ができる

もし不動産投資で赤字となって損失が出てしまっても、確定申告をすれば他の所得からその損失分を相殺することができ、それによって所得税や住民税を減らすことが可能です。また、相続時でも現金と比べて評価額が落ちるので、相続税対策になります。
(ただし、損失は出さないのがベストであるので、これを主目的としてはいけません。あくまで副次的メリットと捉えましょう)

不動産を購入して入居者がいる限り、ずっと家賃収入を得ることができます。入居者から需要の高い不動産を持っていれば、本業(給与所得など)とは別の安定した収入源となるでしょう。また、不動産投資はローンを組んで始めることが一般的です。そのローンの返済が終了すれば不動産は自分の資産となります。そして、老後まで保有していれば年金とは別の収入を得たり、売却してまとまったお金を確保したりすることに活用できるでしょう。

不動産投資はローンによって自己資金以上の投資が可能です。これを「レバレッジ効果」と呼びます。それによって、より投資チャンスが増えたり、利回りを向上させたりすることができます。

不動産投資のリスク

不動産投資には主に以下の4つのリスクがあります。

・空室リスク
・管理費のコスト
・売却損
・流動性リスク

購入した不動産に入居者がつかなかった場合、家賃収入を得ることができません。その場合、ローンの返済や管理費の支払いで赤字が続いてしまうでしょう。不動産の管理を管理業者に頼んだ場合、管理費がコストとしてかかってしまいます。他にも、火災保険や建物の老朽化や破損に対する修繕費などのコストがあります。

不動産投資は売却時に価格変動で損失が出てしまうことは大いにあり得る投資です。今後も需要があると期待できる不動産を購入することが望ましいでしょう。加えて、売却損が出る可能性があることを受け入れて、自分がどこまでの金額なら耐えられるのかを決めておくべきです。

不動産投資は他の投資方法と比べて、必要資金が大きい傾向にあります。よって、売ろうと思っても簡単には買い手が見つからないことがあります。売りたい時に売れず、買いたい時に買えないといった「流動性リスク」が大きいことも念頭に置いておきましょう。

不動産投資の勉強方法

では、不動産投資を成功させるためにどのような勉強をしていけばよいのでしょうか。ここではその方法を解説していきます。

最初にやるべきこと

不動産投資を始める前に、最初にやるべきことは「インプット」です。具体的には次のような方法があります。

・本を読む
・セミナーに参加する
・ネットで情報収集をする

上記を試してみて、不動産投資の基礎を学びましょう。ただし、セミナーやネットでの情報収集は怪しい商材へ誘導される危険性もあるので、注意が必要です。また、いきなり不動産業者に行って、おすすめの不動産を紹介してもらうことは避けましょう。不動産業者も営利企業なので、やはり業者にとって有利な物件を紹介されて損失を出してしまう可能性があります。

実際に購入する

不動産投資の基礎を学んだら、不動産を購入してアウトプットしていきましょう。まずは投資金額の少ないワンルーム投資などから始めるのがオススメです。実際に投資をする時の手続きやリアルな緊張感など、インプットでは得られない学びが多いはずです。そこから分かった課題を改善していくことが成功への近道でしょう。

不動産投資で資産運用をしよう

ここまでで不動産投資について解説してきました。不動産投資とは、物件や土地などの不動産に投資して利益を出す投資手法を指し、実に様々な種類があります。そして、家賃収入や売却益によって給料等とは別の新たな収入を得られる投資でもあります。
不動産投資にはメリットやリスクがありますが、まずはインプットをしてから始めると良いでしょう。自分の中でしっかりと理解したうえで、資産運用に役立ててください。

おすすめの記事