リート(REIT)とは?それは新しい不動産投資のスタイル

近年になって、リートは新たな投資信託のスタイルとして注目を集めています。しかし、その実態をよく分からないままになっている方も多いのではないでしょうか。今回はリートについて詳しく知りたい方向けに、その概要と不動産投資との違いを解説していきます。また、リートのメリット・デメリットについても説明しているので、ぜひ最後までご覧ください。リートを知って、新たな投資先として検討しましょう。

リートとは

リートとは、投資法人が複数の投資家から資金を集めて、不動産に投資をして家賃収入や売却益を投資家に還元する仕組みの金融商品です。リートは 2001年から日本で取引できるようになった新しい商品となっています。リートの主な投資先はオフィスビルや住宅、商業施設など様々でそれぞれのリートの方針によって大きく異なります。

不動産投資との違い

不動産投資との大きな違いは以下の3つです。

  • 管理の手間
  • 流動性の違い
  • 生命保険の代わりになるか否か

個人が建物を購入して運用するのが不動産投資です。対して、リートは多くの投資家がお金を出し合い、複数の物件を購入して運用します。不動産投資で買った物件は自分で管理をするか、管理会社に委託しなければいけません。それには時間とコストが必要で、手間がかかります。しかし、リートは不動産の間接的なオーナーになるに過ぎないので、自分が管理する必要はありません。

不動産投資は一つ一つの物件の価格が高いので、なかなか売りたい時に売れず、買いたい時に買えません。対して、リートは証券市場に上場しているので、急なトラブルで現金が必要な時に、すぐに対応可能です。
不動産投資をするためにローンを組んだ場合、団体信用生命保険に入っていればローンが支払えなくても家族に遺産として残せます。対して、リートはそのような保険はありません。生命保険の役割も兼ねたいのであれば、リートは向いていないでしょう。

リートのメリット・デメリット

ここではリートのメリット・デメリットについて解説していきます。主なメリット・デメリット以下の通りです。

メリット デメリット
・小資金で分散投資ができる
・安定した配当に期待ができる
・流動性が高い
・実物を所有できない
・投資法人が倒産する可能性もある

それではそれぞれ詳しく解説していきましょう。

メリット

リートは安いもので約10万円から始めることができますので、自分で不動産を買うよりも少額で不動産投資が可能です。
また、リートの投資対象は複数の不動産なので、自動的に分散投資をしてくれます。リスクを軽減しながら不動産投資をしたい方にはおすすめです。

リートは安定した分配金が人気です。JAPAN REITの「J-REIT市況月次レポート 2019年9月」のグラフを見ると、リートの平均分配金利回りは「3.49%」という結果になっています。
この数値は株式の配当と比べて高い数値であり、株式よりも多くのインカムゲインが期待できます。リートは市場に上場していることから、取引時間であればいつでも売買できます。その流動性の高さは不動産投資にはないので、非常に魅力的です。

デメリット

リートは、それを保有することで各不動産の間接的なオーナーになるに過ぎないので、どんなに投資しても不動産が自分のものになることはありません。不動産を自分の資産にしたい方は不動産投資をしましょう。また、リートを運営している投資法人も完璧な運用ができるわけではありません。物件価格や家賃の変動、金利の変化などで投資法人の運営ができなくなれば倒産や上場廃止になります。その場合、リートを売却することが難しくなる場合があるでしょう。リートの状況を把握しながら、運用成績が悪ければ違うものに移行することを検討すべきです。

リートから手軽に不動産投資をしよう

ここまでリートの概要やメリット・デメリットについて解説してきました。リートとは、複数の投資家からお金を集め、多くの不動産に投資をして家賃収入や売却益を得る商品となっています。投資先はオフィスビルや住宅など多様です。投資する前に、一度確認しましょう。
不動産投資とリートは管理の手間や流動性、生命保険の代わりになるかどうかという点で異なります。どちらを選ぶべきかしっかりと吟味してください。リートには様々な特徴がありますが、高い分配金や少額から始められる点が魅力ですので、まずはリートから不動産投資を経験してみても良いのではないでしょうか。

おすすめの記事