地方における不動産投資のメリット・デメリットを知ろう!

地方で不動産投資を行なう場合のメリットやデメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。地方での不動産投資に関心があって詳しく知りたい方に向けて、都会にはないメリットや、地方の不動産投資特有のデメリットなどを詳しく解説します。本記事を通して地方への投資にも注目していただき、知見を深めてみてください。

地方での不動産投資のメリット

まずは、地方での不動産投資のメリットについて、主に物件の価格と競争率の2つの観点から解説します。地方での不動産投資を検討する際の参考材料としてください。

物件の価格が安い

1つ目のメリットは、土地と物件の価格が安いことです。土地が安いため、少額から不動産投資を始めることができます。地方では土地代が安く済む分、利回りの良い物件が都会に比べて多く見受けられます。物件が安かったり利回りが良かったりすると、より早い年数でローンを完済できるでしょう。
さらに、投資先の地方の一等地に物件を購入できる点も魅力的です。物件価格が安いことで、都会の不動産投資にはない魅力が地方にはあると言えます。

競争率が低い

地方は都会に比べてまだまだ未開発の土地が多い傾向にあるため、競争率が低いのが利点です。また、類似した物件が少なく、物件を厳選できる点も魅力でしょう。
地主系の大家はリフォームをしていないことが多く、きちんとリフォームを施した物件は人気が出ることが期待されます。もともと競争率が低い上、リフォームした物件を適正な家賃で貸し出せば、競合より優位に立つことも可能です。近くに工場や学校があれば、さらに入居者の増加が見込めます。

ただし、賃貸物件を探している人が希望する時期に入居できるよう、物件を維持しておく努力は必要です。不動産オーナーが遠方にいる場合は、信頼できる業者に定期的な物件の管理を委託する必要があります。

地方での不動産投資のデメリット

地方での不動産投資には、物件の「価格の安さ」や「競争率の低さ」といったメリットがあることをご紹介しました。一方でデメリットもあるため、注意が必要です。ここからは、地方での不動産投資を検討する上で押さえておきたいデメリットをご紹介します。

空室リスクが高い

地方はもともと人口が少なく、人口減少も加速しているため、物件の需要が少ない傾向にあります。そのため、エリア選びを厳選しなければ、空室が埋まらないことが予想されます。
また、都心部は不動産価格が高く設定されていますが、「買うには高過ぎるから部屋を借りたい」というニーズが存在します。しかし、地方は不動産価格が安く、消費者は「不動産を買った方が将来的に安いため、借りるより買う」傾向にあります。そのため、需要が少ない地方では空室が増えやすいでしょう。空室リスクを回避するには賃料を下げるか、リフォームやリノベーション工事を行なって不動産の価値を高める工夫が必要です。

不動産関係の業者数が少ない

地方の場合、仲介やリフォーム・リノベーション工事を依頼できる業者が少ない傾向にあります。特に仲介業者は都心に集中しています。地方は業者の選択肢が少ないため、日頃から業者との関係を良好に保っておかないと、不動産の維持や交渉に注力してもらえなかったり、リフォーム時に業者を見つけられなかったりするなどのトラブルに陥りやすいでしょう。
不動産関係の業者数が少ないことを念頭に入れて、物件の維持や交渉をきちんとしてくれる業者を選別しなければなりません。

物件を売却しにくい

不動産投資では、築年数の経過などによって物件の魅力が失われてきたら、定期的な売却・買い替えなどの工夫が必要です。保有している物件を定期的に買い替える必要のある不動産投資では、都心の物件は需要があるため売却しやすい傾向にあります。
ところが、需要が少ない地方では物件を売却しにくいことがデメリットとなるでしょう。また、なかなか売却できないからといって同じ物件を保有し続けても、築年数が経過すればするほど売れ残りや空室リスクの回避も難しくなってしまいます。

地方での不動産投資はエリア・業者選びが肝心

地方で不動産投資をするメリットは、物件の価格が安い点と、競合が少ないため物件を手に入れやすい点です。リノベーション工事やリフォームを行なって物件の魅力を高めておけば、家賃の設定次第では空室リスクも回避しやすくなるでしょう。

しかしながら、定期的に物件を買い替える必要がある不動産投資では、不動産売却がしにくい点がデメリットになります。地方で賢く不動産売却を行なうためのコツは、エリアをきっちりと選ぶことや限られた業者の中から厳選することです。
地方での不動産投資を検討している方は、今回ご紹介したメリットとデメリットをぜひ参考にして、エリア選定や業者選びに役立ててください。

おすすめの記事