不動産投資をするなら知るべき!フルローンのメリットとデメリット

不動産投資は初期費用も大きいため、多額のローンを組むことに不安を抱く方も多いのではないでしょうか。しかし、実はフルローンにもたくさんのメリットがあるのです。今回はフルローンで不動産投資をしてみたい方向けに、その概要とメリット、デメリットについて解説していきます。また、フルローンを検討すべき方についても説明しているので、ぜひ最後までご覧ください。フルローンを理解して、柔軟な不動産投資ができるようになりましょう。

フルローンとは

フルローンとは、物件価格を100%の借入金で賄うことです。この場合、諸経費は自分の資金で支払います。ちなみに、諸経費も含めて融資をしてもらう方法は「オーバーローン」と言います。諸経費は一般的に物件価格の10%ほどです。フルローンの手法を使う場合は事前に諸経費の資金を用意しておきましょう。

不動産投資をフルローンでするメリット・デメリット

ここでは不動産投資でフルローンをするメリット・デメリットをそれぞれ解説していきます。フルローンには主に以下のようなメリット・デメリットがあります。

メリット デメリット
・物件をすぐに購入できる
・自分の資金を現金で手元に置いておける
・利益が少なくなり、資金収支も悪化する
・追加融資が難しくなる
・借り換えが難しくなる

それではそれぞれ解説していきましょう。

メリット

不動産投資のフルローンには以下のようなメリットがあります。

  • 物件をすぐに購入できる
  • 自分の資金を現金で手元に置いておける

フルローンの審査が通れば諸経費の準備のみなので、物件をすぐに買うことができます。買いたい物件があるときにすぐ購入できるので、買い逃しを避けることが可能です。どうしても欲しい物件がある場合は、フルローンを検討すると良いでしょう。
フルローンを利用すれば、その分自分の資金を手元に残しておくことができます。物件を購入後、災害や居住者とのトラブルが起きる可能性は充分あります。その時に現金を持っていないと、解決まで時間がかかる場合があります。今は超低金利時代なので、積極的にローンを組んで現金を残しておくのも上手く運用する1つの手段です。

デメリット

不動産投資のフルローンには主に以下のようなデメリットがあります。

  • 利益が少なくなり、資金収支も悪化する
  • 追加融資が難しくなる
  • 借り換えが難しくなる

フルローンを組むと、融資額が大きくなるので当然、利息及び返済額も多くなります。そのため、自己資金がない人はフルローンを組むことは危険です。自己資金をしっかりと用意してからフルローンを検討しましょう。一度フルローンを組んでしまうと、追加の融資の審査が厳しくなります。
もし、資金調達が必要になっても、ローンが組めなくなる可能性があるので注意してください。また、他のローンへの借り換えも難しくなります。フルローンを組む時は、正確な返済シミュレーションを立ててから行いましょう。

フルローンを検討すべき方

では、フルローンはどのような方が組むべきなのでしょうか。主に以下の条件を満たす方がフルローンを検討すべきです。

  • 現金が充分ある方
  • 不動産投資の知識がある方
  • すでに土地を持っている方

現金が充分にあれば、フルローン組んだ後に手元に残しておけます。緊急事態の対策もできるので、フルローンを使っても問題ないでしょう。ただし、運用中はその現金に手をつけないようにするべきです。フルローンを組む時は、将来のキャッシュ・フローの計画や無理のない投資判断ができる力が必要となります。よって、初心者には難しいです。フルローンを利用するときは事前に不動産投資について勉強してから行ないましょう。もし、すでに土地を持っている場合は物件のみのローンで済みます。よって、返済額も少なくなるので、フルローンをしても問題が起こりにくいでしょう。

不動産投資でフルローンを検討しよう

ここまで不動産投資のフルローンについて解説してきました。フルローンとは、物件価格を 100%の借入金で賄うことです。諸経費は自分で支払いをします。諸経費は一般的に物件価格の10%ほどで、その金額を自己資金で用意しましょう。
フルローンには様々なメリット・デメリットがあり、最大のメリットは融資が通ればすぐに物件を購入できる点です。さらに、自分の資金を現金で手元に置いておけるので、緊急事態でも対応可能です。ただし、デメリットとして、返済額が大きくなる分利益も少なくなります。加えて、追加融資と新たな借り換えも難しくなるはずです。これらのフルローンの特徴を把握して、充分に検討してから不動産投資に利用してみてください。

おすすめの記事