医師による不動産投資のメリットとデメリットを詳しく紹介!

医師の中には、不動産投資を視野に入れている方もいるのではないでしょうか。本業が忙しくなかなか手を付けられないという方も多いことでしょう。そこで、今回は医師が不動産投資を始めるメリットとデメリットをご紹介します。不動産投資を検討している医師は参考にしてください。

医師が不動産投資をするメリット

まずは医師が不動産投資をするメリットについて解説します。様々なメリットがあるため、不動産投資をする際の参考にしてください。

節税対策になる

これからの日本では、個人の税率は下がらず、扶養などの控除額は下がる傾向にあると考えられています。加えて累進課税制度であるため、比較的高収入である医師は高い所得税を納めなければいけません。
不動産投資をして不動産所得の申告をすると、物件購入にかかった費用を経費として計上でき、銀行から融資を受けた場合は金利を経費として計上できます。管理費用も経費として計上できるため、もし不動産所得が赤字になった場合、給与所得の黒字と相殺すという損益通算ができ、節税効果が期待できるのです。

融資を有利な条件で受けられる

銀行は過去に起きたさまざまな問題から、金融庁より「融資の相手や条件を選ぶように」とのお達しが出ていると言われています。そのため、これまでよりも銀行による審査の目が厳しくなっているのです。
しかし、医者は社会的信用度が高い職業で、銀行は比較的有利な条件で融資を行えます。医師は不動産投資をする目的で銀行から借り入れを行なう際に、銀行から歓迎される職業だと言えるでしょう。

定期収入が得られる

定期収入が得られるため、受付のアルバイトなど、自分で開院している場合は医院にかかっている人員を減らすことも可能です。何より、老後の資産形成に非常に役立つ方法だと言えるでしょう。働いて形成した資産に加えて定期収入によって資産形成ができるというのは、大きなメリットだと言えます。もしもあなたが勤務医である場合は、いずれ開業する際の資金を貯めることも可能となるため、早い段階で不動産投資をすることも有効な策だと言えます。

医師が不動産投資をするデメリット

次に、医師が不動産投資をするデメリットや注意点について解説します。医師ならではの注意点もあるため、不動産投資をする前に参考にしてください。

本業が忙しく業者の話を鵜呑みにしてしまう

医師は人が相手の職業であり、患者さんの来院のタイミングの予想がつかなかったり、夜間も休日も医師が病院内にいなければならない当直と呼ばれる業務があったりと、不規則かつ長時間の労働である場合が多く、なかなか不動産投資をするための前準備や勉強にあてる時間がとりにくい傾向にあります。また、時間がないために後の資産形成に関する戦略も立てづらいでしょう。

自身で勉強できないということは、業者の話を鵜呑みにして投資に関する手順を一任してしまうことにも繋がります。そのため、業者選びを間違うと利益を損失してしまう可能性があるのです。自分が実現したい将来をきちんと設計しておく必要があります。また、信頼できる業者をきちんと自分の目で選ぶ必要があるでしょう。本業が忙しいために業者選びがずさんになりがちなのが、不動産投資ではデメリットに働いてしまうのです。

投資プランを立てる時間が取りづらい

医師は時間がなく高収入の方が多いため、多少のお金のことは気にしない傾向にあり、投資プランをずさんなものにしがちだと言われています。投資プランや投資をする物件を間違うと、空室が目立ち利回りが悪くなって、融資されたお金を返済することが難しくなってしまいます。空室ばかりになってしまっては、投資前に見込んでいた定期収入も得られなくなってしまうでしょう。

賃貸需要が高い地域かどうかをきちんと見極める必要があります。信頼できる業者と投資物件や投資プランについてきちんと相談する時間をとる必要も出てきます。不動産投資では、前述したように業者選びを慎重に行なう必要もありますが、投資プランや投資物件も慎重に選ばなくてはいけないのです。多忙の医師にとってそのための時間を取りづらいことが、不動産投資をする際にデメリットに働いてしまうのです。

節税効果だけを見込んで不動産投資をする

先述の通り、医師は納税額が高めである傾向にあります。不動産投資は有効な節税対策になりますが、それだけで節税を見込むのは危険なことです。なぜなら、節税に関係する減価償却や利子といった経費として計上できる部分は年々減っていくためです。節税対策は他にも方法があるため、節税は不動産投資によって得られるひとつのメリットとして見て、資産運用をゴールとして不動産投資をするとよいでしょう。

医師が不動産投資をするにはメリットもデメリットもある

医師は本業が忙しく、不動産投資に必要な勉強や事前準備に充てる時間を確保しにくい傾向にあります。一方、医師は社会的な信用度が非常に高い職業で、融資を有利な条件で受けられるというメリットもある職業です。信頼できる業者をきちんと自分で選び、資産運用を目的として不動産投資をすることが大切です。

おすすめの記事