不動産投資に必要な書類とは?手順事に分かりやすく解説!

不動産投資には様々な書類が必要になります。住宅を購入する際や事前審査の際、銀行との契約時などその時その時に必要な書類は異なります。

住宅購入時には手順事に必要な書類が異なる

不動産の購入時には各段階によって必要な書類が異なり、大きく「身分関連」「所得関連」「不動産関連」の3種類に分かれます。また、記事で紹介する各段階とは以下の6つを指しています。

  1. 買い付けの契約申し込み
  2. 事前ローン審査
  3. 売買契約時
  4. ローン申し込み時
  5. ローン契約
  6. 決済引渡し

買い付けの契約申し込み時

住宅買い付けの申し込みの必要書類は以下のようなものが挙げられます。買付申込書に関しては各不動産会社にフォーマットがありますので、事前に用意する必要はありません。
身分証明書は運転免許証や、健康保険証などの提示を求められるので事前に準備しておきましょう。また、場合によっては印鑑証明書や住民票の提示を求められる事もあるため、用意しておくと手続きがスムーズに進みます。
法人の場合、会社の登記事項証明書が必要になる可能性があるので、事前に法務局で取得しておくと良いでしょう。

■必要な書類等

  • 買付申込書
  • 身分証明書
  • 印鑑証明書
  • 法人の登記事項証明書
  • 委任状(代理の場合)

事前ローン審査時

事前ローンとは金融機関が売買契約に先立ってローンの可否を判断してくれるサービスです。
事前審査では以下のような書類が必要です。

■必要な書類等

  • 身分証明書
  • 源泉徴収票のコピー
  • 自営業者の場合、確定申告書のコピー3期分
  • 住宅ローンの事前審査の申込書
  • 物件資料

売買契約時

売買契約時には以下の書類が必要です。新築住宅の場合は表示登記のために住民票や印鑑証明書が必要になることもあります。
収入印紙の額については国税庁のサイトで確認できます。

■必要な書類等

  • 収入印紙
  • 身分証明書
  • 住民票
  • 印鑑証明書

などが必要になります。

ローン申し込み時

住宅ローンの本申し込み時の必要書類は基本的に事前審査時と同じです。しかし、本申し込み時は原本が必要になるので注意しましょう。会社員の方は源泉徴収票の原本と課税証明書の原本の提出を求められ、自営業者の場合は納税証明書の原本を提出しなければいけません。

会社経営をされている方は銀行によっては経営する会社の納税証明の原本と、源泉徴収票の原本、課税照明の原本それぞれ3期分を用意する必要があります。次に住民票、物件関連書類、耐震基準適合証明書なども必要です。

■必要な書類等

  • 勤労者の場合:「源泉徴収票の原本」「課税証明書の原本」
  • 自営業者の場合:「納税証明書の原本」
  • 会社経営者の場合:「経営する会社の納税証明の原本」「源泉徴収票の原本」「課税証明の原本」(※3期分)
  • 共通書類:「住民票」「物件関連書類」「耐震基準適合証明書」など

ローン契約時

住宅ローンの契約時にはこれまでに用意してきた書類で十分ですので、新たに必要な書類はありません。
銀行によっては追加での必要書類の提出を求められる場合もありますので、各金融機関に確認しましょう。

決済引渡し時

物件の引き渡し時には以下のような書類が必要です。その他、司法書士や不動産会社から必要な書類を求められる事もありますので、事前に確認しておきましょう。
■必要な書類等

  • 身分証明書
  • 住民票
  • 実印
  • 印鑑証明書

不動産を売却すると決めたら集める書類

投資用の不動産物件を売却しようと決めた場合、以下のような書類が必要になります。これらすべての書類が必要になるわけではないので、不動産会社に事前に確認しましょう。
また、不動産会社で用意してくれる書類などもあるため、併せて確認し自分で用意しなければならない書類を把握しておきましょう。

■必要な書類等

  • 公図
  • 不動産登記事項証明書
  • 地積測量図
  • 建物図面
  • 契約書
  • 要約書

書類を集める際の注意点

必要書類を集める際に、取得に時間のかかる物も多いので時間に余裕をもって準備することをお勧めします。役所は平日の17時までしか開いていないため、会社員であれば必要な書類を用意する時間を作れない場合もあります。その場合、郵送での申請を利用すると便利です。

引っ越しをして管轄の税務署が変わっている場合もあります。そうなると必要な書類を用意するのにさらに時間がかかるため、時間に余裕をもって用意するようにしましょう。身分証明書や健康保険証、源泉徴収票、給与明細、確定申告の書類は原本も必要になる場合もあるので、コピーが取れなくなるということが無いように、事前に何部かコピーを取って用意しておくと良いでしょう。

まとめ

不動産投資のための融資を受ける際には、通常の住宅購入時とは必要書類が異なってきます。そのため、必要とされる書類は多岐にわたります。
また、それぞれの書類にどんな情報が記載されていて、どのような点に気を付けなければいけないかを把握しておくと、後々のトラブルを避ける事にもつながるため、一つ一つの書類を用意する意味を知っておきましょう。また、様々な場面で必要な書類が異なるので時間に余裕をもって取得し、スムーズに手続きが進められるように準備しておきましょう。

おすすめの記事