不動産投資の種類と特徴を覚えよう!メリット・デメリットとは?

不動産投資を始めてみたいけれど、何から始めればいいのだろうとお悩みではないでしょうか。不動産投資と一言でいっても、その種類はさまざまであり、投資対象によって特徴やノウハウがまるで違ってきます。そこで今回は、不動産投資の対象となる物件の種類をお伝えするとともに、それぞれのメリット・デメリットをあわせてご紹介していきましょう。

不動産投資の種類は?

投資対象となる不動産には、大きく分けると「区分所有マンション」「一棟物件」「戸建て」の3種類があります。それぞれの特徴やメリット・デメリットは後述しますが、それぞれに利回りや管理のしやすさなどに違いがあり難易度も異なります。

まずはこの3種類の違いを理解し、価格帯やその他の特徴を把握した上で、自分にあった投資対象を見つけることが大切です。では次に、それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

区分所有マンション投資

マンションの一室のことを区分所有マンションといいます。一棟物件のようにマンションを丸ごと購入するのではなく、一室だけを購入しますので少ない資金から始められます。区分所有マンションにもファミリータイプとワンルームタイプがありますが、ワンルームタイプの方が駅近の好立地な物件が多いため、空室リスクが少なく初心者でも比較的始めやすいという特徴があります。

メリット

  • 1室から購入できるため少ない資金で始められる
  • 流動性が比較的高いため売却しやすい
  • 好立地の物件が多くリスクが比較的低い

区分所有マンションのメリットは、何といっても少額な予算でも始められることでしょう。不動産投資の初心者には区分所有マンションが投資の第一歩となる方も少なくありません。区分所有マンションは1室あたりの投資金額が他の投資対象より少額なため、複数の区分所有マンションを所有し、リスク分散している投資家が多いのも特徴の一つです。また、特に駅近のワンルームマンションは物件数も多く比較的入手しやすいといえます。

デメリット

  • 1室のみのため、空室になると収益がゼロになる
  • 月々の管理費や修繕積立金が発生するため収益性は低め

投資対象が一室のみのため、退去されるといきなり収益がゼロになってしまうのが区分所有マンションの大きなデメリットといえます。また、マンションには管理費や修繕積立金がかかるため、利回りが低くなり収益性が低くなるのもデメリットの一つです。

一棟物件投資

一棟物件は、マンションやアパートといった住居系と、商業ビル、雑居ビルといったテナント系があります。いずれも一棟丸ごとが投資対象となり、購入価格は高額になります。そのため、ほとんどの場合がローンを組んで購入することになります。また、マンションを一棟丸ごと購入し、すべての部屋を貸し出しすることで多くの収益が見込め、土地も含めて購入するため資産性も高くなります。

メリット

  • 複数の部屋を貸し出すので収益がゼロにはなりにくい
  • 資産性が高い
  • 利回りが高く、キャッシュ・フローが優れている

マンションや雑居ビルといった投資対象を土地も含めて丸ごと購入しますので、資産性が高くなります。また、退去者が出ても部屋数が複数あるため収益がゼロになりにくく、リスクを比較的抑えることができます。さらに、少ない資金でもローンを組んで物件を購入しますので、レバレッジ効果で多額の利益を生み出せるというメリットもあります。

デメリット

  • 高額なため多額の資金が必要となる
  • 万一失敗したときには大きな損害が発生する
  • 修繕費用が高額である

一棟物件は、購入価格が高額なため多額の資金が必要となります。多くの場合、億単位の資金が必要なためローンを組むことになりますが、物件や自身の個人属性によっては金融機関の融資がなかなか下りないというデメリットがあります。また、地震などの自然災害が起きると甚大な被害を受けることがあり、建て替えや大規模修繕工事には多額の費用がかかることもデメリットのひとつとして覚えておきましょう。

戸建て物件投資

普通の民家を投資用に購入し、貸し出すのが戸建て物件投資です。そもそも一戸建てはファミリー層からの需要が高く、一度入居すると長期にわたって借りる人が多いため安定した収益が見込めます。

メリット

  • 利回りが高い
  • マンションのような管理費が不要
  • 一度入居者が決まると長期にわたって安定した収益が見込める

戸建ては中古物件を現金一括で購入することが多く、利回りが高いのが特徴です。また、日々の清掃は貸借人が行なうため、マンションのように掃除やメンテナンスのための管理費が不要となります。さらに、多くの場合入居期間が長くなるため、退去に伴う原状回復工事の回数を抑えることができ、結果として費用も抑えられるというメリットもあります。

デメリット

  • 一度退去されると空室期間が長くなる可能性がある
  • 土地と建物を含めた購入資金が必要
  • リフォーム費用がかさむことがある

投資対象が1つのため、空室になると収益がゼロになってしまいます。また、地域や間取り、周辺環境によっては空室期間が長引くことがあり注意が必要です。多くの場合、中古の戸建てを購入して貸し出すため、ある程度のリフォームが必要な場合があります。

まとめ

  • 投資対象となる不動産には、大きく分けると「区分所有マンション」「一棟物件」「戸建て」の3種類がある
  • 管理のしやすさや利回りにそれぞれ違いがある
  • メリット・デメリットを把握して選択することが大切

不動産投資には投資対象によってさまざまな特徴があり、運用の方法も異なります。どのような投資対象が自分にあっているのかを見極めることがとても大切です。今後の目標や計画に合わせて物件を選ぶようにしましょう。

おすすめの記事