厚生年金の長期加入者特例とは?加入期間44年で上乗せされる?

厚生年金に長く加入していると、長期加入者特例として、通常よりも多く年金を受給できる可能性があるのをご存知でしょうか? せっかく年金保険料を支払っているなら、なるべく多く受給したいですよね。 ここでは、長期加入者特例の条件や実際にどの程度金額が異なるのかをご紹介していきます。

年金の長期加入者特例とは

長期加入者特例とは、「特別支給の老齢厚生年金」を受給されている方で、厚生年金保険の加入期間が44年以上になった方にのみ特別に上乗せされる年金のことを指します。
特別支給の老齢厚生年金は、平成6年(1994年)に厚生年金保険の定額部分の支給開始年齢が60歳から65歳に引き上げられ、また平成12年(2000年)に報酬比例部分の支給開始年齢が60歳から65歳に引き上げられた際、年金支給開始年齢を段階的に引き上げられるよう設けられた制度です。

特別支給の老齢厚生年金の対象は?

特別支給の老齢厚生年金を受け取れる条件は以下を参考にしてみてください。

  • 男性の場合、昭和36年(1961年)4月1日以前に生まれたこと。
  • 女性の場合、昭和41年(1966年)4月1日以前に生まれたこと。
  • 老齢基礎年金の受給資格期間(10年)があること。
  • 厚生年金保険等に1年以上加入していたこと。
  • 60歳以上であること。

注意点として、特別支給の老齢厚生年金は年金支給開始年齢を引き上げる際に設けられた制度のため、昭和36年(1961年)4月2日以降に生まれた男性、昭和41年(1966年)4月2日以降に生まれた女性は特別支給の対象外です。
特別支給が対象外の場合は、65歳から老齢基礎年金と老齢厚生年金を受ける形になります。

特別支給の老齢厚生年金の仕組み


特別支給の老齢厚生年金の支給内訳には「定額部分」と「報酬比例部分」の2つがあり、それぞれ生年月日や性別に応じて支給開始年齢が異なります。それぞれを細かく見ていきましょう。

定額部分とは

定額部分とは、年金額が厚生年金保険の加入時期に基づいて定められる部分で、「生年月日による単価×加入月数×物価スライド率」で計算されます。
物価スライド率とは、物価の変動に応じて年金額を改定するもので、私的年金にはない公的年金の制度です。

<支給時期の早見表>

生年月日 支給時期
昭和16年(1941年)4月1日以前 60歳から支給
昭和16年(1941年)4月2日~昭和18年(1943年)4月1日まで 61歳から支給
昭和18年(1943年)4月2日~昭和20年(1945年)4月1日まで 62歳から支給
昭和20年(1945年)4月2日~昭和22年(1947年)4月1日まで 63歳から支給
昭和22年(1947年)4月2日~昭和24年(1949年)4月1日まで 64歳から支給

※早見表は男性の条件で計算しております。女性の場合は生年月日に5年を足してください。

報酬比例部分とは

報酬比例部分とは、年金額が厚生年金保険加入期間中の報酬額及び加入期間に基づいて定められる部分で、65歳から支給される高齢厚生年金と同様に「報酬比例部分=平均報酬額×一定乗率×加入月数」で計算されます。

<支給時期の早見表>

生年月日 支給時期
昭和28年(1953年)4月1日以前 60歳から支給
昭和28年(1953年)4月2日~昭和30年(1955年)4月1日まで 61歳から支給
昭和30年(1955年)4月2日~昭和32年(1957年)4月1日まで 62歳から支給
昭和32年(1957年)4月2日~昭和34年(1959年)4月1日まで 63歳から支給
昭和34年(1959年)4月2日~昭和36年(1961年)4月1日まで 64歳から支給

※早見表は男性の条件で計算しております。女性の場合は生年月日に5年を足してください。

年金の長期加入者特例とは?

年金の長期加入者特例は、特別支給の老齢厚生年金の報酬比例部分のみ受け取れる方に対して、厚生年金保険の加入期間が44年以上となれば、定額部分も同時に支給を受けることができるというものです。具体的には以下の条件を満たす必要があります。

  • 特別支給の老齢厚生年金の比例報酬部分が受給開始年齢に達している
  • 厚生年金保険の加入期間が44年以上
  • 厚生年金保険の被保険者資格を喪失(退職)している

条件の中に「厚生年金保険の被保険者資格を喪失」が含まれているため、通常の会社員として働き続けて、厚生年金の被保険者である間はこの特例は適用されない点に注意する必要があります。

どのくらい貰えるの?

老齢年金の支給額は、加入期間や生年月日などによって異なります。
正確な支給額が知りたい場合は日本年金機構のホームページにある年金ネットを活用すると良いでしょう。
ねんきんネットにて、基礎年金番号やメールアドレスを登録することで最新の年金加入記録や将来支給される年金見込み額の試算が行なえます。

65歳になったらどうなるの?

65歳になった際は特別支給の老齢厚生年金に代わり、新たに老齢基礎年金と老齢厚生年金を受けることになりますが、自動で切り替わるわけではありません。
65歳になる誕生月に届く年金請求書(国民年金・厚生年金保険老齢給付年金請求書)という請求書を日本年金機構に提出する必要があります。
年金請求書の提出が遅れてしまうと、年金の支払いが一時的に保留されることがあるそうなので必ず提出するようにしましょう。

まとめ

ここまで、年金の長期加入者特例についてご紹介してきました。
長期加入者特例に該当する方は、いつからいくらもらえるのか日本年金機構のねんきんネットに登録して確認しておきましょう。
日本年金機構「44年以上厚生年金保険に加入している特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)の受給者の方が、退職などで被保険者でなくなったとき」

おすすめの記事