節税しながら投資で増やすにはiDeCo・NISA・つみたてNISAが最適

投資は資産を増やすための目的だけではなく、節税のために積極的にされる方も多いです。資産を増やしつつ、節税もできれば嬉しいですよね。投資商品の中には、節税につながるものがいくつか存在します。今回はその種類とそれぞれの特徴をご紹介していきます。

iDeCo(イデコ)とは

iDeCoとは個人型確定拠出年金と呼ばれ、自分で決めた金額を積み立てながら自ら運用することで、老後の資産形成ができる新しい年金制度のことをいいます。

通常、資産運用で得た運用益などには税金が掛かりますが、iDeCoは老後の資産形成を目的にした年金制度のため、3つの税制優遇措置が講じられています。この税制優遇措置のおかげで、節税効果が高いのがiDeCoの大きな特徴と言えるでしょう。

メリット

iDeCoのメリットはなんといっても、「掛金が全額所得控除の対象」「運用益が非課税」「受け取るときに大きな控除」といった3つの税制優遇措置があることです。

「掛け金が全額所得控除の対象」

iDeCoに加入すると、掛け金が全額所得控除の対象となります。仮に、掛け金が毎月1万円(年間12万円)で、所得税率20%、住民税率10%だとすると年間36,000円も節税できます。

「運用益が非課税」

iDeCoの運用で得た運用益はすべて非課税で再投資されます。通常、金融商品の運用益には源泉分離課税で20.315%(所得税15.315%、住民税5%)の税金が掛かりますので、大きな節税になりますね。

「受け取るときに大きな控除」

iDeCoは年金制度のため、年金として定期的に受け取る場合は雑所得として「公的年金等控除」が適用されます。また、一時金で受け取る場合は退職所得として「退職所得控除」という大きな控除が受けられます。これら3つの税制優遇措置はiDeCoならではです。非常に節税効果が高いといえるでしょう。

デメリット

ただ、iDeCoにはデメリットも存在します。iDeCoでは、積み立てた資産を原則60歳まで引き出すことができません。また、一度iDeCoでの積み立てを始めると解約することも認められていません。始めたことを後悔することのないように、将来の資金計画と照らし合わせ、よく検討してから始めましょう。また、iDeCoの加入資格は60歳未満と決められていますので、それまでに加入する必要があります。

NISA(ニーサ)とは

NISAは2014年1月に始まった、少額からの投資を行なう方のための新しい非課税制度です。20歳以上の日本居住者が対象で、年間120万円まで投資可能です。本来、投資で得た収益には20.315%の税金がかかりますが、NISAなら5年間非課税となります。

NISAの対象商品は、株式や投資信託、REIT(不動産投資信託)などと幅広く、自分の投資したいタイミングで、まとまった金額を運用したいという方にピッタリです。

メリット

NISAは年間120万円までの新規の投資額が非課税となり、その非課税期間は5年間ですので、非課税投資総額は最大で600万円にもなります。また、NISAはiDeCoと違っていつでも換金できるのも大きなメリットでしょう。さらに、期間終了後、新たな非課税投資枠への移管(ロールオーバー)による継続保有も可能となっています。

デメリット

ただ、NISAは年間120万円までが非課税のため、大きく増やしたい人には投資上限額が少なく感じられるのはデメリットのひとつです。また、運用益で見ると、iDeCoは60歳(※)まではずっと非課税、つみたてNISAは20年間も非課税であるのに対し、NISAは5年間です。非課税期間が短いのもNISAのデメリットといえるでしょう。

(※)現在、iDeCoの非課税積立可能期間を65歳までに延長する動きがあります。

つみたてNISA(つみたてニーサ)とは

つみたてNISAは、NISAよりも少額・長期投資に適した非課税制度です。年間40万円までの積み立てが可能で、非課税期間は20年間もあります。対象商品は、金融庁が定めた長期保有と分散投資に適したものに限定されていますので、投資初心者でも商品を選びやすく始めやすいといった特徴があります。

メリット

つみたてNISAは、年間の非課税枠が40万円と少額のため、コツコツと無理せずに続けられるのがメリットです。また、20年間という長い期間が非課税のため、長期分散投資ができるのも大きなメリットと言えるでしょう。

デメリット

ただ、投資初心者でも安心して始めやすいように、対象商品は金融庁の定めた要件を満たすものに限定されているため、投資先の選択肢が少ないというデメリットもあります。また、つみたてNISAはNISAと併用して利用することができず、余った非課税枠を翌年に移すこと(ロールオーバー)もできません。

まとめ


iDeCo、NISA、つみたてNISAとご紹介してきましたが、いずれも比較的メリットが多いと感じられた方が多かったのではないでしょうか。資産運用といえば、リスクが伴い危険なイメージがありますが、iDeCoのように国が自ら運営しているものや節税効果の高い商品が増えてきています。特につみたてNISAやiDeCoのように長期保有のものや分散投資のものはリスクが低く、初心者の方にオススメです。節税効果もある投資方法で上手に資産を増やしましょう。

おすすめの記事